読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

070-532日本語受験対策、70-762受験

 

NO.1 あ る会 社 は API を作 成し、Azure のウ ェブ サ ゗ト上 でそ れに ゕク セス できる よう にな りま す。 外部
パート ナー は時 折 API を 使用し ます 。ウ ェブ サ゗ トでは 、標 準的 な Web ホ ステゖ ング プラ ンを 使用 して
います 。
パート ナー ズ は API のシ ーケン スの 最初 の API 呼 び出し が時 折呼 び出 しを 実行す るた めに 予想 以上 に時 間
がかか るこ とを 報告 して います 。後 続 の API 呼 び 出しは 予想 通り に一 貫し て行い ます 。
すべて の API 呼び 出し が 一貫し て行 うこ とを 確認 する必 要が あり ます 。
何をす べき か 。
A. 基本的 な Web ホス テ ゖング プラ ンを 使用 する よう に Web サ ゗ト を構 成 します 。
B. Always On サポ ート を有 効にし ます 。
C. ウェ ブサ ゗ト を定 期的 にリサ ゗ク ルす る原 因と なるウ ェブ サ゗ トの web.config フゔ゗ル にト リガ ーを
追加し ます 。
D. 自動 的に スケ ール す る Web サ ゗ト を構 成し ます 。
Answer: B

070-532日本語無料問題   

NO.2 プラ ゗ベ ート クラ ウドは 次の よう に定 義さ れます 。
A. 外 部クラ ウドを 使用し て゗ンタ ーネッ トに ゕク セス可能 なホス トゕ プリ ケーショ ンサー ビス を提 供す
る展開 モデ ル 。
B. ゗ ンフ ラス トラ クチャ サービ スを 提供 する ため に他の 業界 関連 企業 と提 携する 展開 モデ ル 。
C. 外部ク ラウド プロ バ゗ ダを使用 して ゗ンタ ーネ ットにゕ クセ ス可能 なホ ス ト゗ン フラ ストラ クチ ャサ
ービス を提 供す る展 開モ デル 。
D. 仮想化テ クノロジ を使 用して、ネ ットワー ク内 のオンデマ ンドで゗ ンフ ラストラク チャを提 供す る展
開モデ ル 。
Answer: D

070-532日本語模擬試験問題集   

NO.3 DRAG DROP
Azure にクラ ウドサ ービ スとして ゕプリ ケーシ ョ ンをデプ ロ゗し ます。 こ のゕプリ ケーシ ョンに は 、温
度を摂 氏と 華氏 の間 で変 換す る Web ロ ール が含 ま れてい ます 。
ゕプリ ケー ショ ンは 温度 を正し く変 換し ませ ん。 Microsoft Visual Studio を 使用し て、 ゕプ リケ ーシ ョン
が温度 を正 しく 変換 しな い理由 を判 断す る必 要が ありま す 。
Azure でソ ース コー ドを デ バッグ する 必要 があ りま す 。
どの 3 つ のゕ クシ ョン を 順番に 実行 しま すか ? 答 えには、 適切 なゕ クシ ョ ンをゕ クシ ョン リス トか らゕ
ンサー エリ ゕに 移動 し、 正しい 順序 で配 置し ます 。
Answer:
Box 1:
Box 2:
Box 3:

NO.4 あ なたは Azure の 中 にワー カー ロー ル上 で動 作する サー ビス を開 発し ていま す。 サー ビス は起 動時
に、デ ータ ベー スか ら大 量のデ ータ をキ ャッ シュ します 。サ ービ ス は ConnectionString と SleepInterval と
いう名 前 の 2 つの 設定 を 含む設 定フ ゔ゗ ルが あり ます 。
ConnectionString の設 定の 値が変 更さ れた とき に、 サービ スが 再起 動し なけ ればな りま せん 。SleepInterval
設定の 値が 変更 され たと きに、 サー ビス が再 起動 しては なり ませ ん 。
次のコ ード を持 って いま す。行 番号 は参 照用 だけ です 。
サービ スを 構成 する 必要 があり ます 。
どのコ ード セグ メン トは ラ゗ ン 21 に挿 入する 必要 があり ます か 。
A. オプ ショ ン C
B. オプ ショ ン D
C. オ プシ ョン B
D. オプシ ョ ン A
Answer: D

070-532日本語的中   

だれでも成功したいのです。IT業界で働いているあなたはMicrosoftの070-532日本語受験対策の重要性を知っているのでしょう。Microsoftの070-532日本語受験対策に参加する人はますます多くなっています。競争がこのように激しい情況で勝つためにどうしますか。ふさわしいアシスタントを選ぶのは一番重要なのです。JPexamはMicrosoftの070-532日本語受験対策を長い時間で研究しますので、この試験を深く了解しています。我々提供するMicrosoftの070-532日本語受験対策であなたはきっと試験に合格できます。

JPexamの70-762受験を利用してみたらどうですか。この問題集は70-762受験に関連するすべての参考書の中で一番優秀なものだと言えます。なぜならば、次の四つの理由があります。第一に、JPexamの70-762受験はIT領域の専門家達が長年の経験を活かして作成されたもので、試験の出題範囲を正確に絞ることができます。第二に、JPexamの70-762受験は実際試験に出題される可能性がある問題を全部含んいます。第三に、JPexamの70-762受験は試験の一発合格を保証し、もし受験生が試験に失敗すれば全額返金のことができます。第四に、JPexamの70-762受験はPDF版とソフト版という二つのバージョンに分けています。この二つのバージョンを利用して、受験生の皆さんは試験の準備をするときにもっと楽になることができます。

試験番号:070-532日本語問題集
試験科目:Developing Microsoft Azure Solutions (070-532日本語版)
最近更新時間:2017-01-10
問題と解答:全140問 070-532日本語受験対策
100%の返金保証。1年間の無料アップデート。

>> 070-532日本語受験対策

 
試験番号:70-762問題集
試験科目:Developing SQL Databases
最近更新時間:2017-01-10
問題と解答:全65問 70-762受験
100%の返金保証。1年間の無料アップデート。

>> 70-762受験

 

JPexamの70-762受験を購入したら、あなたは一年間の無料アップデートサービスを取得しました。試験問題集が更新されると、JPexamは直ちにあなたのメールボックスに70-762受験の最新版を送ります。あなたは試験の最新バージョンを提供することを要求することもできます。最新の70-762受験を知りたい場合、試験に合格したとしてもJPexamは無料で問題集を更新してあげます。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.jpexam.com/070-532J_exam.html